スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

レベッカ・ホルン展 -静かな叛乱 鴉と鯨の対話




レベッカ・ホルンの展示会に行ってきました。フェミニストな作品だと思っていましたが、良い意味で裏切られた感じです。

インスタレーションと映画の展示があり、インスタレーションの展示(3階)は、フロアーを通して、かなり良かったです。時間があれば、ぜひ行ってみてください。



レベッカ・ホルン展-静かな叛乱 鴉と鯨の対話
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/107/


展覧会概要

この秋、ドイツの現代美術家レベッカ・ホルン(1944 - )の、日本で初めての個展を開催することになりました。

羽や角をまとうパフォーマンスで知られるレベッカは、二十歳代での「ドクメンタ?」展参加以来、次々と新たな領域に挑戦する精力的な活動を通して、美術のみならず、ダンスや映画の愛好者をはじめ、多くのひとびとを魅了してきました。

他者とのコミュニケーションの回復や、自然との交感を求める初期のパフォーマンスで着用した知覚の拡張装置はやがて、機械仕掛けで動く立体作品へと展開していきます。その後、滞米生活の中で着手した長編映画では、これら動く彫刻を取り込み、その意味の変容を軸とした映像世界を展開しています。また1980年代に活動の拠点を母国に移してからは、近現代史と直接向き合い、個人の体験を社会の記憶と結びつける作品は高い評価を得てきました。近年は、作曲家との協働によるインスタレーションや舞台美術、のびやかなドローイングを手がけ、その自由な創造は常に新たな関心をひきつけているのです。
 
本展は、パフォーマンスの記録から長編映画まで、映像の代表作全てと、絵画や彫刻の近作をあわせ、それぞれのメディアを関係づけながら展開してきた活動を本格的に紹介するものです。自然や人間の様々なエネルギーの流れを、目に見えるかたちに変換していく、独自の創造の軌跡を堪能するまたとない機会となるでしょう。
( http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/107/ より)


東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/



-
濱口 直輝 (Naoki HAMAGUCHI)
| HP | blog | online exhibitions | mail to | YouTube | vimeo | flickr |

スポンサーサイト

2009.11.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | exhibition


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。